加齢臭の原因とは

加齢臭の原因とは

一般的におじさんの臭いとイメージされている加齢臭ですが古い本の様な臭いやロウソクの様な臭い、油臭い臭いなどと表現されることが多く、男性の場合は40歳に入った辺りから、女性の場合は閉経をした時期辺りから発生します。加齢臭という言葉が一般的になったのはごく最近のことであり、資生堂の研究によって加齢臭の原因物質であるノネナールが発見されたのです。

 

体からする臭いと言えば体臭がありますが、体臭は汗が分泌される汗腺付近で発生するものですが、加齢臭は毛穴の中にある皮脂腺から発生します。皮脂腺は肌や髪の毛などの乾燥を防ぎ潤いを保つ働きをする大事な器官ですが、体内で過酸化脂質が酸化され分解されるとノネナールという物質が発生し皮脂腺から分泌されることで臭いを発生させるのです。

 

自分の加齢臭は自分では気づきにくいことから家族がいる場合には家族にチェックしてもらうとよいでしょう。自分でチェックする方法としてはお風呂に入る前に皮脂腺がある耳の後ろをティッシュで拭いてティッシュを嗅いでみましょう。一般的に男性の方が加齢臭があると思われがちですが女性にも加齢臭は発生します。男性よりも気づきにくい理由としては女性ホルモンが皮脂の分泌を抑える働きをすることや男性よりも女性の方が皮脂腺が少ないことが挙げられます。

 

体臭や加齢臭は化粧品会社などで多く研究されており、最近では30代男性特有の臭いについてもわかっていることがあります。ノネナールtおは全く違う物質であるベラルゴン酸という物質が30代男性特有の体臭に深く関係しており、抗酸化作用のある物質を取り入れることで加齢臭と同じように対策することができます。