加齢臭サプリランキング!男性・女性におすすめは?

加齢臭にはサプ?!ランキングで男性&女性におすすめはこれ

加齢臭とミドル脂臭

 

 

おじさんの臭いとイメージされる加齢臭ですが、中でも特に臭いが強いのがミドル脂臭と呼ばれるものです。加齢臭の臭い=ミドル脂臭と思われがちですが臭いを出している成分は全く違うものなのです。加齢臭の原因となる物質はノネナールであり、耳の後ろや背中顔のTゾーンにある皮脂腺から臭いが発生します。

 

これに対してミドル脂臭の場合は汗が出る汗腺の中のエクリン腺と呼ばれる部分から発生し、エクリン腺からは乳酸がブドウ球菌によって分解されたものが分泌されるのですが、これが皮脂腺から分泌されるノネナールと混ざることで強烈な臭いを発生させてしまうのです。エクリン腺から出る臭いの原因物質をジアセチルと言い、古い油の様な臭いでノネナールよりも空気中に拡散しやすい為に臭ってしまうのです。

 

実はみなさんが加齢臭だと思っている臭いはミドル脂臭の場合が多く、ノネナールと同じような原因で発生し、臭いを広げるには雑菌です。ですが40代に入った辺りから出るノネナールと違って30代と比較的若い年齢の人でもジアセチルは発生しやすいので注意が必要ですね。ジアセチルの臭いは女性からみてとても嫌な臭いに感じるので男性にとっては大問題です。

 

食生活の見直しや生活習慣の見直し、禁煙や適度なストレスの発散などでジアセチルの発生を抑えることができ、いずれ来るであろう加齢臭への予防や改善を行なうこともできるので自分が臭っているのでは?と感じる場合には普段の生活を見直してみましょう。

 

加齢臭と柿渋タンニン

 

加齢臭を予防・改善する為に積極的に取り入れたい成分が抗酸化作用を持つ成分です。抗酸化作用とは体内で過剰に増えすぎた活性酸素を除去する働きを持つ成分であり、活性酸素は人体にとって少量であれば必要なものですが過剰に増えすぎることによって人体のちからではスムーズに除去することができなくなり、行き場を失った活性酸素は細胞を傷つけ酸化させてしまいます。

 

活性酸素は加齢臭の原因になるノネナールを作りだだすのはもちろんのこと、細胞を傷つけたり酸化させることで生活習慣病の引き金になっていることから活性酸素を除去することは健康を維持することにも深く関係しています。

 

そこで取り入れたいのが非常に強い抗酸化作用を持つ抗酸化作用物質の柿渋タンニンです。最近ではドラッグストアなどでも消臭グッズとして柿渋タンニンが配合された石鹸やマウスウォッシュなどが多く販売されているので、なんとなく臭いの対策に柿渋タンニンがいいのかな?と感じている人も多いでしょう。

 

柿渋タンニンには茶カテキンの20倍もの抗酸化作用物質が含まれており、体臭はもちろんのこと口臭予防や改善にも効果を発揮します。口臭を気にしている人の中には腸内環境が悪いことで口臭が発生している場合もあるので、柿渋タンニンを取り入れることで改善することも可能です。

 

加齢臭を予防するには、加齢臭に効くサプリメント体内の改善はもちろんのこと清潔に保つなど外部からのケアも必要であり、柿渋タンニンは石鹸やマウスウォッシュ、サプリメントなど内部からも外部からもケアに取り入れることができます。

 

ストレスと加齢臭

 

一般的にオヤジ臭と呼ばれる加齢臭の最大の原因は体内が酸化することによって発生するノネナールという物質です。これが耳の後ろなどにある皮脂腺から出ることによって、普段使っている枕が臭くなったりするのです。女性よりも男性の方が加齢臭が発生しやすい要因が多く、普段から加齢臭を気にしている男性も多いのではないでしょうか。

 

加齢臭の原因は体内の酸化ですが、バランスの悪い食事や喫煙、紫外線などによって体内に過剰に発生する活性酸素が酸化の原因となります。活性酸素は少量であれば人体にとって必要なものですが発生しすぎると細胞を酸化させる元になるのでこれは老化に繋がるのです。

 

活性酸素が過剰に増える原因の一つにストレスがあります。毎日の生活の中で過剰にストレスを受け、発散することができずに溜め込むことで活性酸素は増えていくのです。また加齢臭を気にするあまりストレスになっている場合もあるでしょう。

 

生活習慣などを見直して加齢臭を予防・改善することも重要ですが日々のストレスを上手く発散することも加齢臭の予防や改善に役立ちます。ストレスを受けない生活をするのは現代社会では難しいでしょう。

 

ストレスを溜めずに、溜めたとしても定期的に発散できるようにすることで加齢臭対策も行なうことができます。ストレスを発散する方法は人それぞれで趣味に没頭したり、休養を取ったり、頑張るときと休むときなどバランスを上手く取ってストレスを溜めない毎日を送りましょう。

更新履歴